学習障がい(LD)

学習障がい(LD)とは、全般的な知的発達に遅れがないものの、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算・推論する」能力のうちいずれかまたは複数のものの習得・使用に著しい困難を示す発達障がいのことです。
大きく分けると、3つの症状に分類されます。

① 読字障害(ディスレクシア)

● 文字が読めない、単語を理解できない

● 文章を読んでいるとどこを読んでいるのかわからなくなってしまう

● よく似た文字が理解できない

● 字を読むと頭痛がしてくる

● 逆さに読んでしまう

● 本をスムーズに読めない

● 語尾を変えたり、言葉を抜かしたり、勝手読みをする

② 書字表出障害(ディスグラフィア)

● 文字を書く動作が困難

● 黒板の文字を書き写すことが難しい

● 鏡字を書いてしまう

● 作文が書けない

● 読点が理解できない

● 正しい書き順で書けない

● 誤字脱字が多い

● 字が汚い

③ 算数障害(ディスカリキュリア)

● 数字や記号を理解・認識できない

● 簡単な計算が出来ない(指を使ったりする)

● 繰り上がりや繰り下がりが理解できない

● 数の大小の理解が困難

● 計算にとても時間がかかる

● 早とちりしてしまう、飛躍した考えをする

● 物事の因果関係を理解するのが困難

● 位置や日時の認知ができない