注意欠陥多動性障がい(ADHD)

注意欠陥多動性障がい(ADHD)には、大きく分けると次の3つの症状があります。

① 不注意(集中力の欠如)

● 忘れ物が多い

● 何かやりかけでもそのままほったらかしにする

● 片づけや整理整頓が苦手

● 注意が長続きせず、気が散りやすい

● 話を聞いていないように見える

● 忘れっぽく、物をなくしやすい

● 気が散りやすく、集中しづらい

● その一方で、自分がやりたいことや興味のあることに対しては集中しすぎて切り替えができない

● 不器用、字が汚い

● 課題や活動を順序だてて行うことが難しい

② 多動性(じっとしていられない)

● 落ち着いてじっと座っていられない

● 過度なおしゃべり

● そわそわして体が動いてしまう

● 公共の場など、静かにすべき場所で静かにできない

② 衝動性(考えず行動してしまう)

● 順番が待てない

● ルールを守れない

● 力加減がわからない

● 気に障ることがあったら乱暴になってしまうことがある

● 会話の流れを気にせず、思いついたらすぐに発言する

● 他の人の邪魔をしたり、さえぎって自分がやったりする

● 欲しい物があると駄々をこねる

● うっかりミスが多い